• ホーム
  • 淋病が性器に感染すると現れる症状や潜伏期間

淋病が性器に感染すると現れる症状や潜伏期間

2020年07月15日

淋病は咽頭や性器に感染する病気ですが、性器に感染が起こった場合はどのような症状が現れることになるのでしょうか。また、性病を見逃してしまわないようにするためには病気ごとの潜伏期間を知っておくことも大切です。淋病であることを見逃してしまったり、他の病気と勘違いしてしまったりすることを防止するためにも、基本的な知識について正しく学んでおくようにしてください。

性器に淋病を発症した場合は男性と女性で異なる症状が現れますが、男性は強い排尿痛を覚えたり、尿道から白っぽい膿が頻繁に出たりするようになります。精巣上体の腫れや発熱などを引き起こすこともあり、これらはいずれもクラミジアと似た症状だと言われていますが、クラミジアよりも症状の程度がかなりひどいです。例えば、クラミジアの場合は膿が透明でサラサラとしていますが、淋病の場合は白や黄色っぽい色で粘性が強く量も多いという違いがあります。クラミジアのような症状を引き起こしていると感じても、症状の程度がひどいようであれば淋病の可能性が高いと覚えておきましょう。

女性が発症した場合はクラミジアとほぼ同じような症状が現れますし、程度も男性より軽度だと言えます。具体的な症状としてはオリモノの分泌量が増加したり、生理ではない不正出血が起こったりするというものがあげられるでしょう。その他にも下腹部の痛みや性交時の痛みなどがありますが、全く症状が起こらない人もいるので注意してください。症状に気がつかず放置してしまうと重い症状を引き起こしかねないので、些細な異変でも病院を受診するようにすることが大切です。

淋病が性器に発症するまでの潜伏期間は2日から7日程度だと言われていますが、女性の場合は症状が起こりにくいことから明確な潜伏期間が分かっていません。感染した恐れがある日から1週間ほどで症状が現れたのであれば、ほぼ確実に淋病を発症していると言えるでしょう。潜伏期間であっても相手に感染させてしまうケースがあるので、この病気になった恐れがあるのであればパートナーとの性行為などに注意しておく必要があります。

早急に治療を進めることができるようにするためにも、淋病の症状と潜伏期間について正しく把握しておくことが大切です。潜伏期間の把握はパートナーへの被害拡大を防ぐという効果もあるので、しっかりと覚えておくようにしてください。これらの知識を正しく持って、淋病になった可能性があるときに素早く正しい行動が起こせるようにしておきましょう。