• ホーム
  • ゾビラックスはヘルペスや帯状疱疹に効果がある

ゾビラックスはヘルペスや帯状疱疹に効果がある

2020年05月13日
考えている男性

ゾビラックスは有効成分がアシクロビルという成分である抗ウイルス薬であり、これを用いることによってヘルペスや帯状疱疹を治療することができます。単純ヘルペスウイルスに感染することで発症する一般的にヘルペスと呼ばれる単純疱疹と、水痘・帯状疱疹ウイルスに感染することで発症する帯状疱疹の両方を治療することができるので、とても便利な治療薬だと言えるでしょう。この治療薬を用いてこれらの症状を改善したいと考えるのであれば、治療薬の特徴や服用方法を理解しておかなければなりません。

単純疱疹や帯状疱疹を発症しているときにゾビラックスを服用すると、有効成分であるアシクロビルがウイルスに感染した細胞内で活性化するので、これによってウイルスはDNA複製を行うためのDNA鎖の伸長を行うことができなくなります。DNA複製を阻害することができるので、身体に悪い影響を及ぼしているウイルスの活動を中断させることができ、身体に起こっている諸症状を改善することができるというわけです。とても有効な治療薬だと言えますが、ヘルペスウイルスによる病気を治療するために用いるのであれば、用法用量をしっかりと確認しておきましょう。

ゾビラックスは単純疱疹と帯状疱疹で用法用量が異なっているので、間違った飲み方をしてしまうことがないように注意しておかなければなりません。単純疱疹の場合はアシクロビルが200mg摂取できるように1日5回服用しなければなりませんが、単純疱疹の場合はアシクロビルが800mg摂取できるように1日5回服用しなければならないという違いがあります。更に子供の場合は用法用量が大きく異なり、年齢や体重に応じて治療薬の服用量や服用回数が異なるので気をつけてください。病院で治療薬を処方してもらったときに医師の指示をしっかりと聞いて、正しい飲み方ができるようにしておきましょう。

単純疱疹や帯状疱疹などのヘルペスウイルスが原因で起こる病気には、抗ウイルス薬であるゾビラックスがとても効果的だと言えます。ヘルペスウイルスが原因で発症する病気に感染したのであれば、有効性が高いゾビラックスを服用することで症状を確実に改善することができるようにしておくと良いでしょう。ただし、ゾビラックスは病気の種類や服用する人によって用法用量が異なるので、間違った飲み方をしてしまうことがないように注意しておかなければならないことを忘れないようにしておくことが大切だと言えます。