薬を口に入れる男性

性器や口にヘルペスができてしまうと大変な思いをすることになりますが、これは治ったとしても再発してしまうことがあります。ヘルペスに感染した人の8割以上が治療をしても1年以内に再発を経験しているので、再び症状が起こってしまわないように注意しておくことが大切です。症状を繰り返すと水ぶくれやブツブツの痛み、かゆみによって大変な思いをすることになるので、なるべく再発しないようにする方法を知っておきましょう。

ヘルペスを再発させないようにするためには、発症したときにしっかりと治療すること、免疫力を低下させないことが大切だと言えます。発症したときにしっかりと症状を抑えることができていなければ簡単に症状が現れてしまいますし、免疫力の低下もウイルスの活性化を引き起こす原因となるでしょう。ヘルペスになったときは抗ウイルス薬を用いて確実に症状がなくなるまで治療を続ける、普段から免疫力をアップできるような生活を心がけておくようにしてください。

口や性器にできるヘルペスが再発してしまうと、水ぶくれやブツブツが唇の近くや性器に何度もできてしまいます。これらの場所にできた水ぶくれは食事をするときや排尿の際に強い痛みを覚えますし、何もしていなくても痛みを感じることが少なくありません。再発したときは痛みが少ないと言われていますが痛いことには変わりないので、大変な症状を引き起こすことがないようにしておきましょう。治療薬の正しい服用や生活習慣の見直しによって再発が抑えられるケースは多いので、これらを意識的に実行することが大切だと言えます。

再発の回数が多いようであれば医師に相談することも大切なので、通販などで治療薬を購入している場合でも医師に診てもらうことがおすすめです。あまりにも発症間隔が短い場合や回数が多い場合は予防的な治療を実践することもできるので、医師に相談するようにしてください。口や性器にできたヘルペスが再び形成されても心当たりがなければ他の病気だと思ってしまうかもしれませんが、これは何度も再発する可能性がある病気であることを理解し、場合によっては病院に行くことも検討してみましょう。体内からウイルスを全て駆逐することはできないので、1回感染してしまった人は根気強く再発と向き合っていかなければなりません。口や性器にできたヘルペスは症状を繰り返すことを知り、なるべく症状を繰り返さないように気をつけておきましょう。